海外FXにおいては、スキャルピングを禁止しているところも少なくありません。
最初からスキャルピングを考えている方であれば、スキャルピングOKな海外FXを選んでいかなければいけません。
では、GEMFOREXはどうでしょうか?
ここでは、GEMFOREXでスキャルピングがOKなのか、それともNGなのかについて掘り下げていきたいと思います。

GEMFOREXではスキャルピングOK

結論から言ってしまうと、GEMFOREXではスキャルピングOKです。
GEMFOREXの公式サイトには「よくあるご質問」というページがあるのですが、そこにもスキャルピングについて以下のようなQ&Aがあります。

スキャルピングは認めていますか?
はい、特に制限は設けてはおりません。但し、お客様からのお口座から発生するメッセージが膨大な量となり当社サーバーの執行能力に支障があると担当部門で認められます場合には、メッセージ数を減らしていただくようお願い申し上げることがございます。また、場合によっては利用規約、ガイドラインに沿った処置を行わせて頂く場合もございますので、極端な取引はお控え頂いた方が無難です。

ザックリ言ってしまうと、「基本的にはスキャルピングOKだけど、NGなこともあるよ」ということです。

スキャルピングOKなGEMFOREXでもスキャルピングが認められないケース

基本的にはスキャルピングOKなGEMFOREXなのですが、スキャルピングが認められないケースもあります。
具体的にどういうケースでスキャルピングが認められなくなるのか見ていきましょう。

注文量がサーバーに大きな負荷をかけたとき

GEMFOREXのロット数(注文数)の上限は30lotです。
この上限である30lotを越えない限りは大丈夫ですが、超えてしまうとスキャルピングが認められなくなると考えていいでしょう。
海外FXでは「1lot=10万通貨」ですから、「30lot=300万通貨」ということになります。
一般の方であれば縁遠い話でしょうが、もし上限を超えての取引をする場合にはGEMFOREXのサポートセンターに問い合わせをしましょう。

同一口座以外での両建てをしたとき

同じ通貨なのに価格の差が生じてしまった場合、高いほうを売って安いほうを買い、その後で価格が縮小したときにそれぞれの反対売買をおこなうことで利益を得られます。
これはいわゆる裁定取引(アービトラージ)、両建てになります。
GEMFOREXは海外FXでは珍しく同一口座であれば両建てOKとなっているのですが、逆に同一口座以外での両建てはNGです。
もしGEMFOREXで複数口座での両建てが発覚すると、利益の没収や口座の閉鎖などの可能性が出てきます。
基本的に隠れてやるといったことはできませんので、同一口座以外での両建ては絶対にしないようにしましょう。
具体的には以下の3つがNGとなります。

  • GEMFOREXとXMなど2つ以上の業者に入金しての両建て
  • GEMFOREX内で複数の口座を作り、2つ以上の口座に入金しての両建て
  • 名義が違う者同士、第三者同士が協力しての両建て

利用規約に反する行為をしたとき

GEMFOREXでは利用規約に反する行為をしたときもNGとなります。
というよりも、スキャルピング以前の問題でGEMFOREXに限らず、FX業者を利用するのであればそのFX業者が掲げている利用規約はきちんと守らないといけません。
利用規約に反する行為をしてしまうと利用の停止だけではなく、利益の取り消しなどがおこなわれる可能性があります。
スキャルピングをおこなっていく上で、特に注意しておく必要があるのは以下の2点です。

相場が急変するタイミングのみを狙った取引 雇用統計時の取引や経済指標時の取引自体は禁止ではないのですが、相場が急激に変動するタイミングのみを狙った悪質な取引は禁止されています。
事前連絡なしでの大きなロット数での取引 大きなロット数での取引を事前申告なしにおこなうと利用規約違反になる可能性があります。事前にサポートセンターに問い合わせをするようにしてください。

EA(自動売買ツール)でのスキャルピングが停止されたとき

基本的にGEMFOREXでは、EA(自動売買ツール)を使用したスキャルピング自体は禁止していません。
しかしながら、EAにはEAの戦略といったものがありますので、EAそのものが停止されてしまうこともあります。
GEMFOREXのガイドラインのページには、以下のような記載があります。

EA利用に関するルール
EAをご利用の場合、EAのロジック(売買戦略)によっては、予告なくカバー先からのEA利用(自動売買)の一時、もしくは継続しての停止措置が執行される場合がございます。特にスキャルピングEAにつきましては、執行となってしまう可能性が高くございますので、ご理解を頂きました上でご利用をいただきますようお願い致します。」

スキャルピングEAを使った取引というのは基本的に取引回数が多くなる分、サーバーに負担がかかってしまいます。
負担がかかるとサーバーダウンや約定スピードが落ちるなどのリスクが出てきます。
それを避けるために、取引回数の多いEAに対しては取引停止の要請が出るのです。
この場合、使えなくなるのはあくまでもEAのみです。
取引そのものが取り締まりの対象になるというわけではありませんし、それで利益が出せなくなるといったこともないでしょう。
そこまで神経質になる必要はないかもしれませんが、GEMFOREXでスキャルピングを考えているのであれば一応頭に入れておいたほうがいいです。

GEMFOREXでスキャルピングするならノースプレッド口座がおすすめ

基本的に海外FXには複数の口座タイプがあり、GEMFOREXでもデモ口座を含めて4つのタイプの口座が用意されています。
オールインワン口座、ノースプレッド口座、レバレッジ5000倍口座(1000口座限定)、デモ口座の4つなのですが、GEMFOREXでスキャルピングをするのであればノースプレッド口座がおすすめです。
ノースプレッド口座の詳細は以下の通りです。

ノースプレッド口座

基本通貨 USD/JPY
ロット数 0.01Lot
初期預託金 30万円($3,000)~
レバレッジ 1,000
主要通貨のスプレッド 0.0pip
手数料 無料
予約注文 指値、逆指値
チケット単位のロット制限 30Lot ※1
口座単位の保有ポジション数 30(新規指値注文含む)
ヘッジ可否 可能
利用制限 裁量トレード専用口座となりますので、EA・ミラートレード利用不可、インディケータ可となります。ボーナス対象外。

初回の入金が30万円必要でEAもボーナスもなしということでハードルが高く感じられるかもしれませんが、GEMFOREXのノースプレッド口座は何よりもスプレッドが狭いです。
スキャルピングにおいてはスプレッドが重要になってきますので、GEMFOREXにおいてはノースプレッド口座一択といっても過言ではありません。

XMでもスキャルピングは?

最後にXMでのスキャルピングについても触れておきたいと思います。
XMでもスキャルピングはOKとなっており、スキャルピングにあたっての禁止事項は以下の2点です。

  • 裁定取引(アービトラージ)
  • ネットワークや接続遅延を利用した取引

ただし、スプレッドを考えるとXMはスキャルピングにはあまり向いていません。

TAITAN FX の関連記事こちらの記事も人気です。